話題で大好きなシェフ川越達也(タツヤ・カワゴエ)の御節と他の和洋折衷御節との比較

2020年12月15日

レアチーズならやっぱりこれ




ケーキはどの種類もだいたい好きで食べます。この頃は歳のせいか、甘過ぎるのがちょっと苦手になってきています。
そんな時見つけたのが、バニラの実のレアチーズケーキの「キリ」です。
見た目はとってもシンプルです。
でもそのシンプルなところが、ごてごてに飾ってあるケーキより目をひきます。シンプルだからって味が落ちるなんて事はありません。
ケーキやさんで働いていたので色々食べましたが、キリのチーズの味はしつこくないのにこくがありまろやかです。後味もレモンが効いていて、さっぱりしています。
どうしてもチーズケーキは、おもくなりやすいのでおかわりしたいと思った
のは初めてです。
実際3個食べようかと思いましたが、
さすがに2個で止めました。ダイエットでリバウンドする事もあるなーってコレを読んでいて思ったから
両親や主人の誕生日には、キリを用意しようかなと思っています。
男性でも、楽に食べられると思いましす。これからも新しいレアチーズをバニラの実さんに作って貰いたいです。

品のある酸味がやみつきのルバーブタルト

自宅栽培しているルバーブが立派になったので、ジャムの他にお菓子に利用できないかといろいろレシピを探していたところ、ルバーブタルトの作り方に出会いました。
もともとケーキの中でも、タルトのさくさく生地が大好きな私。早速作ってみました。自分で作るとなると、おいしさに加えて簡単で失敗なくできるかどうかも重要なポイントです。私が見つけたレシピはどれもパーフェクト!タルト生地も申し分なくさくさくで、ほのかな甘さと塩分のバランスがたまりません。タルトの中はアーモンドプードルの香ばしさが良く効いていて、甘過ぎないフィリング。肝心のルバーブはどのように使うのかというと、洗ってざく切りにし、砂糖をまぶして2、3分放っておき、フィリングの上にまんべんなく広げてそのまま焼くだけのお手軽さ。アクがあるのでは?生のままだとルバーブが固いのでは?と最初は思いましたが、全く心配ありませんでした。熱でとろとろになり、まぶした砂糖と混じって程よい酸味に変化します。できるだけ太いルバーブを、フィリングが見えないくらいにたっぷりと敷き詰めると、より立派なルバーブタルトになります。我が家では子供も大好きなデザートの一つです。



プティ・シェリー・スーリール」のタルトはお土産にぴったり
近所のイオンに入っている「プティ・シェリー・スーリール」のタルトを購入しました。
季節のフルーツがふんだんに使ってあるタルトは宝石箱のようで、見ているだけで特別感がある商品ばかりです。
今回は3種類アップルマンゴーのタルト、北海道らいでんメロンタルト、フランス産モンブランを選びました。
大きめのサイズですが、生クリームは甘すぎず、瑞々しい果物がたっぷりなので、全部食べても胸焼けしない甘さです。
味として一番好みなのはモンブランでしたが、珍しいという意味ではメロンタルトが良かったです。
らいでんメロンの青肉タイプのものが丸くくり貫かれていて、ブルーベリーと生クリームの色のコントラストが美しいです。
硬さや甘さも程よく、あっさりしたクリームと合っていました。
生クリームは脂肪分にこだわった牛乳で作られているそうで、最近安いホイップクリームに胸焼けするようになった自分としては、その違いは歴然でした。
記念日や特別の相手へのお土産にぴったりなタルトケーキでした。



Posted by tatsuyakawagoe at 14:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
レアチーズならやっぱりこれ
    コメント(0)